フェニックスホール行く時いつも梅田の地下で迷うの私だけですか

この前の土曜日に、フェニックスホールに會田瑞樹さんのヴィブラフォンリサイタルを聴きに行ってきました。


数年前から色んなところでお名前を見かけていてずっと聴きに行ってみたかったのです・・・!(何気に同じ大学出身)


現代音楽のコンサートって、大概途中で聴くの嫌になってくる事が多いですが(私だけですか)

いわゆる捨て曲みたいなものが一曲もない・・・!すごい!!


ヴィブラフォンって、音域がオーボエと同じぐらい狭いのにこんなに一台で色んな事が出来るのか・・・オーボエにも出来るのかもしれないなと思ったのでした。


楽器の特性があって、その中でどれだけ作曲者と演奏者が考えて音楽を作っていくか。


私、ヴィブラフォンって平日の午後にやってるサスペンスドラマで流れてる音みたいなイメージがすごくあって、それはコンサートを聴いた後も変わらなかったから楽器から出せる音の縛りって強くあると思うんですが、その中で他の人の力を借りて新しいものを見てみるんですね。


当然だけど、同じ時代を生きている人でも全然違う音楽を作るんやなあって最近すごく思っていたので、もっと色んな音楽を聴いていこうと改めて考えたのでした。



自分の心に引っかかっていた事って、その時にすぐヒットしなくてもいつか自分の準備が出来たらすっと入ってくるようになる。


ここ2年間ぐらいよくお名前を見る、とあるクラリネットの方の演奏もいつか聴くことになるかな・・・?

最新記事

すべて表示

シンプルが一番

息を集めて 舌で止めて 音を出す 身体は普段のままでいい 長時間吹いても無理のないアンブシュアで ピッチが取れて、表現のしやすいリードを作ればいい 身体の力が抜けて、アンブシュアを変えずに吹いたら すごく乾燥した面白みのない演奏になってしまうんじゃないかと頭のどこかで考えていたけど、 ところがどっこい、シンプルな状態で吹いて出た音の方が集中した音になりそう 集中していない的外れな音をずっと聴くのは

大晦日感、皆無

このタイミングで書いておかないとブログを書かないまま新年を迎えてしまいそうだったので… 2019年もお世話になりました。 今年一年は特に何かをやった!という実感はないですが、年末になるにつれ意外と自分が変化してたんやなあと思うことが色々ありました。 自分の軸がぶれる体験もすごく大事だけど、もっと自分で自分のことをよく知って自分のことを自分で認めていきたいなと思います。 どんだけ「自分」って書くねん