初めてのオンラインコンサート

自分でコンサートを配信しておきながら、他の人のコンサートをオンラインで観るのは今日が初めてでした。


ついさっきまでこのコンサートを観てました↓




なんで観ようと思ったかというと、留学から帰ってきた後?ぐらいにたまたまTwitterで牛島安希子さんのことを知り、オランダに留学されてたのもあり勝手に仲間意識が芽生え(面識全くないのに)、作曲された曲を聴いてみたらすっごいかっこいい!と前から思っていたのです。


そしてアンサンブルノマドさんももちろん前から知ってはいたものの、まだコンサートを聴きに行ったことがなくこれはもう配信コンサート観るっきゃない!と思った次第です。




・・・で、大友さんも前から興味はあったけど、ノイズ系・・敷居が高そう・・・でも丁度今回一緒に聴けるからええやん、と思い特に出演者とか、曲目とか見ずにコンサート観てみたら・・・



前から興味あって生で聴いてみたいけど、また今度・・・って思ってた人めっちゃ出演してるやん


ってなって、個人的にめちゃくちゃ嬉しかったです。



コンサートを聴く醍醐味ってもちろん曲を聴くこともそうなんですが、コンサート中なんか頭の整理を出来るのが好きなんですよね。なんか色んなことが浮かんでは消えていく、みたいな感じで。

私だけでしょうか? それを今日のコンサートの一曲目を聴きながら思い出しました。



牛島さんの曲は両方とも好きで前からよく聴いてる曲でした〜〜〜

MCで演奏するのは結構大変です、っておっしゃってましたがどんな譜面なのか気になる〜〜〜


そしてコンサート後半の大友さんの楽曲。

なんか今まで現代曲とか、即興とか、難しくて興味はすごくあるけど自分には出来ない気がするってずっと思ってたんですが、なんかもっと楽に考えればいいやんって思えるような、そんな演奏でした。

演奏されてる皆さんを見てそう思ったのかもしれません。


なんだか、コンサート全体を通じてとっても楽しい、和やかな空気で今度からは生でアンサンブルノマドのコンサート聴きに行くぞ!と思いました。



今週はもう一つオンラインライブを観たいと思っています。楽しみです。





最新記事

すべて表示

フェニックスホール行く時いつも梅田の地下で迷うの私だけですか

この前の土曜日に、フェニックスホールに會田瑞樹さんのヴィブラフォンリサイタルを聴きに行ってきました。 数年前から色んなところでお名前を見かけていてずっと聴きに行ってみたかったのです・・・!(何気に同じ大学出身) 現代音楽のコンサートって、大概途中で聴くの嫌になってくる事が多いですが(私だけですか) いわゆる捨て曲みたいなものが一曲もない・・・!すごい!! ヴィブラフォンって、音域がオーボエと同じぐ

シンプルが一番

息を集めて 舌で止めて 音を出す 身体は普段のままでいい 長時間吹いても無理のないアンブシュアで ピッチが取れて、表現のしやすいリードを作ればいい 身体の力が抜けて、アンブシュアを変えずに吹いたら すごく乾燥した面白みのない演奏になってしまうんじゃないかと頭のどこかで考えていたけど、 ところがどっこい、シンプルな状態で吹いて出た音の方が集中した音になりそう 集中していない的外れな音をずっと聴くのは