夏の終わり

もうすぐ今年の夏も終わろうとしていますが、皆さん何か夏らしいこととかしたんでしょうか?


私は数少ない夏休みの予定がなくなってしまったり、六甲山に登ったり、なんか今年すごい暑いな〜と家族で言ってクーラーが壊れていることにしばらく気がつかず熱風の中練習したりして今年の夏が終わりつつあります。



・・・・悲しい気持ちになりそうなので今回のブログは六甲山でのきれいな写真を間に挟みつつ書いてみますね。



ケーブルカーで登って下を見たら、海も見える! 山と海、神戸やな〜



先月からぼちぼちガウ子(ガウジングマシーン)で自分でガウジングしてリードを作っていて、今まで10年近くカマボコのケーンから作っていたので上手く出来るかな〜と思っていましたが最近慣れてきました。


とにかく自分でガウジングする時に大事なことは


ケーンが曲がっていないこと

径がマシンのベッドに合っていること


がまず最低条件で、その後はガウジングをしている時になんか他の材と削れる感覚が違うな?と思うのは大概硬かったり、半分に折った時に綺麗に割れなかったりするのでその時点で退けています。


ガウジングした後半分に割った時に径が綺麗な半円になっていない場合それも退けます。

(ガウジングする前径を測る時に明らかに半円が均等でない場合もその時点で諦めます。)



・・・・オーボエやってない人は何が何だかですね。写真でもご覧下さい。




あらきれい


池にはボートもありましてん



後は自分の材料の好みですかね。ちょっと光ってて張りのあるものが良いとか、ちょっと枯れた感じの張りのないのが良いとか。

私は今使っているシェーパーが小さいので少し張りのある方が好きです。


とまあまだまだ削り方も模索中なのですが、出来ればワイヤーも巻きたくないし、フィッシュスキンも巻きたくないし、変わった削り方もあんまりしたくないので、とりあえず標準である作り方でやってみて上手くいかなかったら自分に問題があるんやろな〜と思って練習しているところです。




暑いけどまだ紫陽花もぽちぽち咲いていましたよ〜



リードを作っていると自分の音を出す時の仕組みを考え直すことがすごく多くて、面白いですね。

最近気がついたんですが、今まで色んなタイプの人から教えてもらったことがかなりこんがらがって頭に入っていたのと、リード作りもちゃんと勉強してこなかったのが上手くいかなかった原因で、リードの事と音を出す仕組みは出来ればセットで教えてもらったり理解した方が良いと思いました。

やり方は色々あると思うんですが、一つのやり方をとりあえず勉強して理解すれば他のやり方も理解出来るようになれると思います。多分。


自分のやり方もリードもまだまだ研究中なので、もうちょっと自分でも分かってきて文章に出来そうになったらここにも書こうと思います。リード販売もしたいけどまだ時間がかかりそうだ〜。




お楽しみいただけましたでしょうか。来年はちゃんと夏を満喫したいところです。





最新記事

すべて表示

誰か興味あるのかこの話〜アンブシュア編〜

〜ここ何年かずっと悩んでいた事〜 1、リード 2、アンブシュア(口の形) 3、トリル その他、音色とかいっぱいありますが主にこの3つ。 2年半前頃からリードの勉強をちゃんとさせてもらって少し仕組みが分かってきた(気がする)。 そうすると今度はアンブシュアが気になってきた。 〜アンブシュアで気になる点〜 1、動く・一定でない 2、上唇に空気が入る 3、まずどんなアンブシュアが正しいのかよく分からない

フェニックスホール行く時いつも梅田の地下で迷うの私だけですか

この前の土曜日に、フェニックスホールに會田瑞樹さんのヴィブラフォンリサイタルを聴きに行ってきました。 数年前から色んなところでお名前を見かけていてずっと聴きに行ってみたかったのです・・・!(何気に同じ大学出身) 現代音楽のコンサートって、大概途中で聴くの嫌になってくる事が多いですが(私だけですか) いわゆる捨て曲みたいなものが一曲もない・・・!すごい!! ヴィブラフォンって、音域がオーボエと同じぐ