断水そして京都

コンサートが終わったその日の夜から近所一帯が丸三日間断水!とのことで、コンサートの前からえ〜いっと京都のホテルを予約して、コンサートの翌日から京都に久しぶりに行ってきました。

(結局断水は中止になって一安心でした)




夜意味もなく京都タワーまで散歩に行ったり、



下鴨神社に行って水みくじをしたり、



鴨川デルタを渡ったり、



詩仙堂でぼーっとしたり、


一乗寺の極鶏でラーメンを食べたり、(夜まで全然お腹空かなかった)


ずっと行ってみたかった恵文社に初めて行ったり、



東寺で学生に説明している八坂タクシーの運転手さんの話を盗み聞きしたりして満喫しました。


神社やお寺にいる時に何回か狐の嫁入りが起こって不思議やな〜と思いました。


近そうでちょっと遠い京都、シーズンを外せば宿泊代も安くて人もそこまでいないのでまた行こうと思ったのでありました。





最新記事

すべて表示

フェニックスホール行く時いつも梅田の地下で迷うの私だけですか

この前の土曜日に、フェニックスホールに會田瑞樹さんのヴィブラフォンリサイタルを聴きに行ってきました。 数年前から色んなところでお名前を見かけていてずっと聴きに行ってみたかったのです・・・!(何気に同じ大学出身) 現代音楽のコンサートって、大概途中で聴くの嫌になってくる事が多いですが(私だけですか) いわゆる捨て曲みたいなものが一曲もない・・・!すごい!! ヴィブラフォンって、音域がオーボエと同じぐ

シンプルが一番

息を集めて 舌で止めて 音を出す 身体は普段のままでいい 長時間吹いても無理のないアンブシュアで ピッチが取れて、表現のしやすいリードを作ればいい 身体の力が抜けて、アンブシュアを変えずに吹いたら すごく乾燥した面白みのない演奏になってしまうんじゃないかと頭のどこかで考えていたけど、 ところがどっこい、シンプルな状態で吹いて出た音の方が集中した音になりそう 集中していない的外れな音をずっと聴くのは

大晦日感、皆無

このタイミングで書いておかないとブログを書かないまま新年を迎えてしまいそうだったので… 2019年もお世話になりました。 今年一年は特に何かをやった!という実感はないですが、年末になるにつれ意外と自分が変化してたんやなあと思うことが色々ありました。 自分の軸がぶれる体験もすごく大事だけど、もっと自分で自分のことをよく知って自分のことを自分で認めていきたいなと思います。 どんだけ「自分」って書くねん