歌のレッスンに行ってみた

気がつけば前回ブログを書いてから4ヶ月以上も経っていた・・・!


ブログを更新しないうちに色々な事が世の中でありましたね。私は変わらず元気です。



先月とあるご縁で実家から徒歩でも行ける程近い先生のお家に、歌のレッスンを受けに行きました。


大学受験の時や、大学に入ってから声楽のグループレッスンを軽く受けた事はありましたが、きっちり教えてもらうのは初めてです。





レッスンを受けた感想・・・・



これはオーボエにも良い影響が絶対ある!!!!



と思ったのですぐに次回のレッスンの予約をお願いしたのでした。



今まで楽器を始めた中学生の時から色んな事を教えてもらった上で、今改めて楽器なしで歌い方を教えてもらったら、今まで言われてきた事がすっと一本筋が通って理解出来るような気がしました。


オーボエはリードの良し悪しにすごく振り回されやすく、その事で頭がいっぱいになって基本の事がおざなりになりがちになりどんどん悪循環に陥るパターン(まさに自分)が結構多いと思いますが、そんな方にオススメ!歌!です。


具体的にオーボエと関係する事はこれから気付いた時に書いていこうと思うので興味のある方はたまに覗いてみて下さい〜



楽器を吹き始めてそんなに年数が経っていない人で、すごく音楽的に演奏できる人って昔合唱団にいた、とかソルフェージュを小さい時からやってたのかな?と思ったりします。


楽器を操作する事とどういう風に音楽って出来ているかを理解していることは必ずしも比例する能力ではないかもしれないですね。


最新記事

すべて表示

肩甲骨を真ん中に寄せる日々

歌のレッスンと共に最近始めたことは ヒモトレ です。 ネットで検索すると大体どんなものなのか分かると思いますが、身体にヒモをゆるく巻いて自分の身体の状態を知るというものです。 歌のレッスンに行った時も最初に言われたことは『姿勢』でした。 オーボエを吹く時にどういう姿勢が良いのかはまだ断言も出来ませんし、人それぞれだと思うので正解は無いのかもしれませんが、 楽器を始めて20年弱、肩こりがひどいのもあ

誰か興味あるのかこの話〜アンブシュア編〜

〜ここ何年かずっと悩んでいた事〜 1、リード 2、アンブシュア(口の形) 3、トリル その他、音色とかいっぱいありますが主にこの3つ。 2年半前頃からリードの勉強をちゃんとさせてもらって少し仕組みが分かってきた(気がする)。 そうすると今度はアンブシュアが気になってきた。 〜アンブシュアで気になる点〜 1、動く・一定でない 2、上唇に空気が入る 3、まずどんなアンブシュアが正しいのかよく分からない

フェニックスホール行く時いつも梅田の地下で迷うの私だけですか

この前の土曜日に、フェニックスホールに會田瑞樹さんのヴィブラフォンリサイタルを聴きに行ってきました。 数年前から色んなところでお名前を見かけていてずっと聴きに行ってみたかったのです・・・!(何気に同じ大学出身) 現代音楽のコンサートって、大概途中で聴くの嫌になってくる事が多いですが(私だけですか) いわゆる捨て曲みたいなものが一曲もない・・・!すごい!! ヴィブラフォンって、音域がオーボエと同じぐ