80th birthday

初めてスマホからブログを更新、上手くいくのかな…?



昨日はヤマハ銀座ホールにモーリス・ブルグの80歳記念コンサートを聴きに行ってきました!


普段は山と川に囲まれて生きてますので、久しぶりの大都会でした〜



今年はホリガー、ブルグ共に80歳ということで日本でコンサートがあり、先月もホリガーの東京公演(オペラシティ・浜離宮公演)を聴きに行きました。



初めて生で演奏を聴いたのは10年程前で、その頃はなんかとにかくすごい、としか分からなかった超未熟者の私でしたが、短い留学生活とその後のちまちまとした一人での研究を経て、改めて今この年齢で彼らの演奏を聴くと、どういう風にすごいのかということが前よりは少し分かるようになった気がしました。



そして、彼らの人生と人となりを演奏から少し感じ取った気がして、それを観てお前はこれからの人生どうする?と問いかけられたように思いました。



結局何かを得るためには何かを犠牲にしなければいけないと思います。


自分がどうしても譲れない所を大事にしてこつこつやっていこうと思う今日この頃です。




ちなみに昨日はブルグの誕生日だったそうですよ!


そして吉井瑞穂さんがとってもチャーミングな方で、舞台に出てきてみんなを笑顔に出来る、それも一つの才能やなあ〜羨ましいなあ〜と思いました♪





最新記事

すべて表示

フェニックスホール行く時いつも梅田の地下で迷うの私だけですか

この前の土曜日に、フェニックスホールに會田瑞樹さんのヴィブラフォンリサイタルを聴きに行ってきました。 数年前から色んなところでお名前を見かけていてずっと聴きに行ってみたかったのです・・・!(何気に同じ大学出身) 現代音楽のコンサートって、大概途中で聴くの嫌になってくる事が多いですが(私だけですか) いわゆる捨て曲みたいなものが一曲もない・・・!すごい!! ヴィブラフォンって、音域がオーボエと同じぐ

シンプルが一番

息を集めて 舌で止めて 音を出す 身体は普段のままでいい 長時間吹いても無理のないアンブシュアで ピッチが取れて、表現のしやすいリードを作ればいい 身体の力が抜けて、アンブシュアを変えずに吹いたら すごく乾燥した面白みのない演奏になってしまうんじゃないかと頭のどこかで考えていたけど、 ところがどっこい、シンプルな状態で吹いて出た音の方が集中した音になりそう 集中していない的外れな音をずっと聴くのは