先月久しぶりの本番があり、5年ぶりに和歌山県民文化会館の大ホールで演奏しました。


5年前の本番は新人演奏会でしたが、今回は今年度の新人演奏会のゲスト出演でした。


その時にお世話になった先生方とも少しお話し出来て良かったです。



(家族に木の幹の前で撮ったんかと思った、と言われた写真)




その本番の前の日に急に


私は結局こんなリードで吹きたかったのか!!!


と思いたちそれまで作っていたリードの削り方とガラッと変えてみました〜。


当日もさらに削るも納得いかず、、、結局本番後また削った方が吹きやすくなる、オーボエの人あるあるじゃないでしょうか?(怖くて本番前は攻めた削り方出来ない)


自分がどういう風な音楽をしたいか、音を出す時の吹き方の個性(人によって色々)、などからどういうリードが自分に適しているかが分かってくるもんなんだなと思いました。


そうすると自然とリード材の硬さ、径の大きさ、材料の厚さなども決まってきますね。




リードの事ばっかり書いてる気がする!!このブログを見てくださってる方は何を知りたいのだろうか?


とりあえずもうちょっと頻繁に書きたいと思います〜^^



歌のレッスンと共に最近始めたことは


ヒモトレ


です。



ネットで検索すると大体どんなものなのか分かると思いますが、身体にヒモをゆるく巻いて自分の身体の状態を知るというものです。


歌のレッスンに行った時も最初に言われたことは『姿勢』でした。


オーボエを吹く時にどういう姿勢が良いのかはまだ断言も出来ませんし、人それぞれだと思うので正解は無いのかもしれませんが、


楽器を始めて20年弱、肩こりがひどいのもありとりあえず歌のレッスンで言われた姿勢を試してみようと思ったのと、


前々からヒモトレに興味があってずっとやってみたかったので同じタイミングで始めてみました。


肩こりは肩が前に丸まって肩甲骨が左右に広がってしまうのが原因みたいなので、とりあえず肩を後ろに開いて肩甲骨を真ん中に寄せるようにして一週間・・・


まだ肩こりは治る気配は全くございませんが、ヒモトレと歌のレッスンのお陰か、アンブシュアの考え方が変わり、それに伴ってリードの削り方も変わってきました。


(とはいえ、今まで先生達に指摘されていた事をようやく実感しただけ・・・すいません先生・・・)



次の記事では最近気がついたことを少し細かく書いていこうと思います。

気がつけば前回ブログを書いてから4ヶ月以上も経っていた・・・!


ブログを更新しないうちに色々な事が世の中でありましたね。私は変わらず元気です。



先月とあるご縁で実家から徒歩でも行ける程近い先生のお家に、歌のレッスンを受けに行きました。


大学受験の時や、大学に入ってから声楽のグループレッスンを軽く受けた事はありましたが、きっちり教えてもらうのは初めてです。





レッスンを受けた感想・・・・



これはオーボエにも良い影響が絶対ある!!!!



と思ったのですぐに次回のレッスンの予約をお願いしたのでした。



今まで楽器を始めた中学生の時から色んな事を教えてもらった上で、今改めて楽器なしで歌い方を教えてもらったら、今まで言われてきた事がすっと一本筋が通って理解出来るような気がしました。


オーボエはリードの良し悪しにすごく振り回されやすく、その事で頭がいっぱいになって基本の事がおざなりになりがちになりどんどん悪循環に陥るパターン(まさに自分)が結構多いと思いますが、そんな方にオススメ!歌!です。


具体的にオーボエと関係する事はこれから気付いた時に書いていこうと思うので興味のある方はたまに覗いてみて下さい〜



楽器を吹き始めてそんなに年数が経っていない人で、すごく音楽的に演奏できる人って昔合唱団にいた、とかソルフェージュを小さい時からやってたのかな?と思ったりします。


楽器を操作する事とどういう風に音楽って出来ているかを理解していることは必ずしも比例する能力ではないかもしれないですね。